千葉県流山市・野田市の寺院からのごあいさつ

住職よりみなさまへ

この度ホームページを新たに立ち上げました。徳宝院・清瀧院の住職でございます。どうぞよろしくお願い致します。
野田市の徳宝院、流山市の清瀧院の二つの寺におきまして、息子の副住職と二人で活動しております。
真言宗の寺院であり、弘法大師を宗祖としたお寺です。奈良県桜井市の長谷寺を本山としております。

昨年徳宝院、清瀧院共に霊園を開園し、多くの近隣の方々にご使用頂いております。
平成28年10月、11月と開園1周年を迎えました。多くの方にご縁を結んで頂き、お寺・霊園共にやすらぎの場として皆様方にご使用頂ければ幸いです。

また、時折お寺より宗教に関する情報やその他様々な情報を発信して行きたいと思っております。
今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

住職 榊 祐信

清瀧院・徳宝院 住職榊 祐信さかき ゆうしん

経歴

昭和47年
先代住職遷化に伴い、徳宝院第18世住職となる
昭和51年
清瀧院住職となる
昭和59年
清瀧院本堂を檀信徒の浄財をもって改築する
同年11月4日
落慶法要を厳修す
平成18年
徳宝院大師堂並びに客殿を新築
同年5月20日
落慶法要を厳修す